男の人 男の人

レビトラの使用期限

レビトラはED治療や早漏改善に使われている薬で、通販サイトで購入することができるます。横浜等では送料が安く済むことから、自分で買う人も多くいます。そんなレビトラは保管のときにいくつか気を付けないといけないことがあります。

もっと読む

クリニックの選ぶコツ

EDは多くの男性が抱える悩みです。そのため、横浜などのさまざまな地域でED治療専門のクリニックができています。また、クリニックによってはレビトラ等の治療薬を希望することもできます。

もっと読む

EDの種類とその原因

ドクター

EDという言葉を耳にすることが多くなりました。EDとは勃起不全のことで、性的刺激や性的興奮があっても、勃起できないことです。博多でもEDで悩む人が多く、たくさんのクリニックがあります。

もっと読む

包茎のデメリットとは?

カウンセリング

包茎は多くの人が抱えるコンプレックス

包茎は成人男性の多くが抱えているコンプレックスです。その中でも、8割ほどが仮性包茎だと言われています。残りの人のほとんどが真性包茎でカントン包茎の人はごくわずかなのです。最近では、包茎の手術を専門としているクリニックも多く創設されています。そんな包茎はいくつものデメリットがあります。まず、性器が短小になりやすいことです。皮が亀頭を包んでいることで、亀頭の成長が不十分になってしまいます。そうなると、見た目が悪くなってしまいます。また、包茎は性器が幼く見えてしまいます。それらのことを悩んでいる人は多く、そのことがストレスで勃起不全になってしまうこともあります。

包茎は見た目以外のデメリットも多い

早漏になりやすいことです。包茎は皮が亀頭に覆われている状態なので、刺激に弱いのです。そのせいで、早漏になりやすいのです。つぎに、性行為中に女性の性的刺激が少なくなります。これは、挿入中に皮がずれることで膣壁をあまり擦れなくなるので、女性はイキにくくなります。そうすると性行為に対して自信が持てなくなることもあります。包茎だと皮の内側に恥垢が溜まるので、雑菌が繁殖しやすくなります。それを放置していると強い異臭を発します。さらに、真性包茎やカントン包茎の人は性行為の最中に性器が痛く感じることがあります。膣内に挿入しているときに、皮が膣壁で引っ張られることで痛みを感じるのです。また、カントン包茎は勃起した時点で皮の出口部分に締め付けられることで痛みを感じるのです。これらのことから、包茎は治療のために手術が必要なのです。